住まいの掃除では、掃除用具を手元に置いたり、掃除用具がないときでも家にあるものを上手に活用しましょう。

住まいを綺麗に保つ掃除のコツ
住まいを綺麗に保つ掃除のコツ

住まいの掃除で心がけること

住まいの掃除をするとき、すぐ掃除用具が取り出せないと、気になっている部分があってもつい後回しになってしまうことがありますね。ピカピカの清潔な家を目指すには、いつも生活している場所にいつでも使えるように掃除用具を準備しておくと、テレビを見ながらほこりを拭き取ったり、じゅうたんのお手入れをするなど、ちょっとした時間を有効に活用して、普段よりも頻繁にお掃除をすることが可能になります。粘着カーペットクリーナーや、拭き取りウエットティッシュ、ほこりを取ってくれるはたきやクリーナーなどは、かわいい箱などに入れてまとめておくとスムーズに取り出せて、明るい気分でお掃除できていいですね。

また、使い捨てのウエットクリーナーがないときなどは、掃除の原点にもどって家にあるものできれいにお手入れすることを心がけてみてはいかがでしょうか。例えば、新聞紙を短冊形に切ってたくさん用意しておきます。床のほこりや汚れが気になるときに切った新聞紙を数十枚軽くぬらしてしぼり、一枚一枚はがしながら、広範囲に床にばらまきます。ばらまいた新聞紙で細かいくずや汚れをからめとるようにしてほうきで掃き、新聞紙とちりをまとめながらちりとりで掃き取ると、きれいになります。このあと仕上げに、雑巾で床ぶきをすれば完璧です。いらなくなった衣類やタオル、シーツなどを折り紙やハンドタオルの大きさに切っておくと、ティッシュや雑巾代わりに気になる部分を拭き取ってすぐに捨てることができるので、とても便利です。ちりやほこりは、掃除をしてもまたすぐに出てくるので、こまめに住まいのお手入れをしたいものです。

Copyright (C)2017住まいを綺麗に保つ掃除のコツ.All rights reserved.